個人向けローン

様々な使い方で便利に借りていきたい個人向けローンのあれこれ

MENU

2016/05/29 10:15:29 |
何らかの理由によって大きな金額を借りたい場合には、消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用すると良いでしょう。中でもまとまった金額の借り入れに適しているとされるのがオリックス銀行のカードローンで、限度額によって金利が変わるために大きな金額の借り入れでは低負担となります。逆に少額の利用時には金利は銀行の中でも比較的高い水準となってしまうのがオリックス銀行の一つの特徴ではありますが、100万超などのまとまった金額であれば、消費者金融で借りるよりも大幅に低い金利でカードローンの利用ができます。申し込みから契約までの手続きは来店不要となり、面倒な書類の用意も特には必要ありません。希望額が300万円ま...
2016/05/29 10:15:29 |
モビットは首都圏ではTVCMの放がされていることや、や公共交通機関の広告なども見かけるために知名度が高い大手の消費者金融となっていますが、申し込みの内容や契約後の利用に関してはそれらでは詳しくは分からないものです。金利や限度額、モビットというサービスについてであれば各種メディアでの広告で分かりますが、そこでは触れられないモビットの基本的な内容について、申し込みを考える前に見ておくと良いでしょう。まず、モビットではネットでの申し込みであるとしても他の消費者金融とは異なり、二通りの手続きが行えるようになっています。一つは他社と同様のWeb申し込みで、もう一つはモビット独自のWeb完結です。両者の違...
2016/05/29 10:15:29 |
プロミスのカードローンは審査の際に在籍確認が必要です。何もプロミスに限らずしっかりとしたところで借りるなら在籍確認が必要となりますが、基本的に確認の方法は電話となっています。勤務先へ直接電話の連絡をいれ、本人がその会社に勤めているかの確認を行います。その際にはプロミスであればプロミス名を名乗ることはなく、担当者が個人名前で簡単な連絡を入れるに留まります。例えば「佐藤と申しますが○○さんはいらっしゃいますか?」といった電話となり、電話に出た人が申し込み者ではない第三者の場合には在籍確認の連絡であることすらも伝えません。しかし、それでも個人から会社宛に電話が入るというのは普段から起こることではない...
2016/05/29 10:15:29 |
一般的に大きな金額を借りることになるおまとめローンは、借り入れる金額に応じたそれなりの水準での収入が必要となります。もちろん一時的な収入ではなく安定継続する収入が必要となり、アルバイトやパートの方ではおまとめローンの利用は難しくなっています。そもそもアルバイトやパートの方では大きな金額を借りること自体が難しく、おまとめローンの利用を考えるほどに借り入れが膨らむケースは稀です。借りられても消費者金融で10万円や多くても20万円、30万円程度となるため、おまとめローンの検討をするまでも無いでしょう。より低い金利への借り換えを考えるとなれば話は別ですが、金利が低いとされる銀行のカードローンではアルバ...
2016/05/29 10:15:29 |
大手の消費者金融とされるほとんどのサービスでは、有人の店舗を繁華街などに設置しています。一昔前に比べると店舗数は減っていますが、それでも主要都市にはいくつかの店舗があるため、困ったときには店舗での手続きもできるようになっています。無人の自動契約機に比べると遥かに設置数が少ない店舗は、担当者と話しながら手続きができる良さがある反面、やはり対面式である大きなデメリットもあります。キャッシング利用がはじめてでわからない点をしっかりと確認しながら進めたい方にとっては良いかもしれませんが、多くの方は利用しづらいと感じてしまいます。即日融資で借りるキャッシングの手続きにおいても同様で、ネットで申し込みを進...